私が、関節エコーの勉強を始めたのは2010年の夏ごろでした。当時は周囲に関節エコーを施行できる医師が少なかったので、わざわざ名古屋までセミナーを受講しに行きました。

 

 

最近では、かなり関節エコーの手技が広がってきており、専門医であれば施行可能な人が多いと思います。身近なリウマチ専門医に教えてもらえるのでうらやましいですね。

 

 

整形外科系リウマチ医であれば解剖を熟知しているので、プローベの当て方だけマスターすれば、すぐに臨床で使えます。ただ、最初だけは指導してもらった方がスムーズだと思います。

 

 

 

私が外来で施行している関節エコーの手順は下記です。

  • プローベは7.5MHz
  • 使用モードはBモード法およびパワードプラ(PD)法
  • 主に観察するのは
    1. 手関節
    2. 示指MP関節
    3. 示指PIP関節
    4. その他の腫脹・圧痛のある関節
  • 画像表示方法は日整会推奨に準拠

⇒ 縦断像: 被検者の遠位側が画面の右側

  横断像: 被検者の右肢内側・左肢外側が画面の右側

  (つまり、断面を医師側から見るのと同じです)

 

 

 

まず、Bモードで、各関節の下記の点について観察します。

 

① 関節液貯留の有無

② 関節腔肥厚の有無

③ 腱鞘滑液貯留の有無

④ 骨びらんの有無 

 

 

 

シグナルの強さによりGrade 分類しますが、まだ統一された基準はありません。

 

 

関節エコー撮像法ガイドラインで推奨されているSzkudlarek M, et al.らの提案したGrade分類を使用しています。具体的には下記のごとくで無シグナルを含めてGrade 0 ~3 の4 段階の分類です。各関節を縦断面、横断面にて観察します。

 

 

次にPDで、関節腔内血流シグナルを検出します。

 

 

 

 

grade 0

 

 

 

Grade 0 

シグナルなし

 

 

 

grade 1

 

 

Grade 1 

点状のシグナルのみ

 

 

 

grade 2

 

 

Grade 2

シグナルが融合するが、シグナルの範囲が肥厚滑膜の半分以下

 

 

 

grade 3

 

 

Grade 3 

シグナルが融合し、シグナルの範囲が肥厚滑膜の半分以上

 

 

 

PDの際に、関節腔内血流シグナルを検出するゲインが問題となります。こればかりは、エコーの機種や設定が多種多様なため、数値を統一することができないのです。

 

 

一般的に推奨されているのが、骨内血流シグナルがゼロになるゲインを基準にすることです。具体的には、高めのゲインから序々に下げていって、骨内血流シグナルが消失するゲインで撮像するのです。

 

 

一度、ゲインを設定すれば(もしくはゲインの数字を記録する)、以後はそのまま使用できるので、煩わしいのは初回のみです。

 

 

実際、関節リウマチの診療をしていると、エコーが無いと疾患活動性の正確な評価は難しいです。まさに、リウマチ専門医にとっての関節エコーは、内科医にとっての聴診器と同じですね。

 

 

関節エコーの解説動画

 管理人 運営サイト  

管理人執筆 の 著書

勤務医の資産形成マニュアル

診療に ご活用ください  

RA評価フォーム.xls
Microsoft Excelシート 119.0 KB
mHAQ(総得点).xls
Microsoft Excelシート 22.0 KB
2012.4 生物学的製剤の使用コスト一覧.xls
Microsoft Excelシート 18.5 KB

その他のダウンロード集

こちら

アルバイト基本講座は

こちら