血液透析症例ではMTXが禁忌のため、使用できる生物学的製剤は制限されますが、ほぼ通常通りの使用方法で投与可能です。

 

 

具体的には埼玉医科大学リウマチ膠原病内科の秋山雄次先生の下記論文に詳述されています。

 

 

維持透析中の関節リウマチ患者における抗リウマチ薬の使用法

485-492, 日本臨床免疫学会会誌 Vol.34  No. 6, 2011



 

維持透析中の関節リウマチ患者における抗リウマチ薬の使用法.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB

 

要約すると、下記の如くとなります。

 

 

  • DMARDsではSASP、TACを中心に治療を進める
  • 生物学的製剤では①TCZ ②ETN、ADA、ABA の順番で推奨される
  • 生物学的製剤の導入に際しては、通常例以上に感染のスクリーニングおよびモニタリングを徹底する
  • AAアミロイドーシス合併RAは予後が悪いので、積極的に生物学的製剤導入を検討する

 

 

関節リウマチで血液透析施行例の方は、AAアミロイドーシスのために腎不全に移行した症例も多いようです。したがって感染のスクリーニングおよびモニタリングを徹底しながら、生物学的製剤の導入を推奨されています。

 

 

血液透析施行例での関節リウマチ治療を行う際には、秋山先生の論文を一読することをお勧めします。

 

 

 管理人 運営サイト  

管理人執筆 の 著書

勤務医の資産形成マニュアル

診療に ご活用ください  

RA評価フォーム.xls
Microsoft Excelシート 119.0 KB
mHAQ(総得点).xls
Microsoft Excelシート 22.0 KB
2012.4 生物学的製剤の使用コスト一覧.xls
Microsoft Excelシート 18.5 KB

その他のダウンロード集

こちら

アルバイト基本講座は

こちら